読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淳之介のしゃべくりブログ

このブログでしゃべくりまくります

お子さんの口腔内にいるかもしれない良い菌まで殺してしまう作用があるのです。

様々

5月19日、電子雑誌を手掛けるブランジスタの売買代金がトヨタ自動車を抜いた。
話題を呼んだのは子会社が新たに始めるスマートフォン向けゲーム。
作詞家の秋元康氏が携わり、ゲームで得た景品が自宅に配送されるのが特徴だ。
第1弾の景品は人気アイドルグループAKB48のイベント舞台の空気を封じ込めたという缶詰や写真。
発表後に株価は2日連続でストップ高になった。
会社側は年1200億円を売り上げると息巻く。
だが6月20日、配信を始めたゲームの出足が悪いと伝わると、2日連続でストップ安になった。
株価を動かす材料があるとはいえ、新興株の値動きは東証1部などに比べ際立つ。
ジェットコースターのような値動きを 引き起こす原因は何か。
一つは、豊富な資金を抱え価格変動を好む個人投資家の存在だ。
2012年末以降のアベノミクスで数千万円以上の運用資産を持つ人が増え、一部個人が値動きに追随して激しい売買を繰り広げているという。
これに加わるのが、新たに新興株取引に参入した投資家だ。
5月下旬、バイオ関連のそーせいグループが開示した3月末時点の大株主名簿に市場関係者が驚いた。
筆頭株主に躍り出たのは、株の売買を手掛けない短資会社のセントラル短資だ。
金融機関との短期資金の融通の際にそーせい株を担保として受け取り、それが3月末に重なったのが理由だが、機関投資家が多くのそーせい株を持つことを示唆した。
みずほ証券の野村広之進氏は今年に入り機関投資家からの 問い合わせが急増していると話す。
海外勢の存在感も増してきた。
マザーズ市場の委託売買のうち海外投資家の比率は今年に入り平均25%と、3年前から10ポイント近く高まった。
オススメの情報をご紹介します。
子供用 “ブリアン歯磨き” の損をしない買い方……【初回限定2980円】のキャンペーン情報をお伝えいたします。
ここ数年、お子さんの歯のケアに対する関心が、さらに高まってきています。
市販の歯磨き剤などの表示を、よ~く、しっかりと見たことがある方はご存知かと思いますが、含まれている成分の中に殺菌剤とか、発泡剤とか、界面活性剤などがあります。
発泡剤は、歯を磨いているときに口腔内に泡がよくたつので、なんとなくしっかり磨けているような気持ちにさせてくれますし、殺菌剤に至っては、使う度に悪い菌ばかりではなく、お子さんの口腔内にいるかもしれない良い菌まで殺してしまう作用があるのです。
ブリアン歯磨き