読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淳之介のしゃべくりブログ

このブログでしゃべくりまくります

軽さの秘密は、肩ベルトの付け根にある「天使のはね」によるもの。

様々

原子力規制委員会には全国の16原発26基が安全審査を申請している。
これまで再稼働したのは伊方3号機のほか、九電川内1、2号機と関西電力高浜3、4号機で、いずれも福島第1原発とは異なる加圧水型だ。
ただ高浜3、4号機は再稼働直後に大津地裁の運転差し止めの仮処分決定を受け、今年3月に停止した。
伊方3号機でも同様の訴訟が起きており今後、停止に追い込まれる可能性もある。
次の候補と目される玄海3、4号機も加圧水型で既に主な論点を終えており、早ければ今秋の合格が見込まれる。
規制委の田中俊一委員長は問題ないのではないかとの見方を示す。
九電も川内原発の審査の経験を生かし、玄 海3、4号機の再稼働の目標を年度内と置く。
後続は見通しにくい。
北海道電力泊3号機は想定される地震の最大の揺れが固まり、審査は終盤に入っているが、設備の津波対策や地盤の液状化などの論点が残る。
関電大飯3、4号機も終盤だが、規制委は稼働約40年で運転延長の審査期限が11月末に迫る同社の美浜3号機の審査を優先している。
一方、福島第1と同型で東日本に多い沸騰水型は稼働ゼロが続く。
規制委は東電柏崎刈羽6、7号機の審査を先行して進めてきたが、耐震性の評価手法で新たな課題が浮上し、合格時期が遅れている。
7月に現地を調査した規制委の更田豊志委員は審査終了時期の見通しは持てないと話した。
政府は昨年、30年度の最適な電源構成を決め、原発が占める比 率を全体の20~22%とした。
実現には30基程度の再稼働が必要とされるが、道筋は見えない。
さて、気になる話題で今日のブログは終了します。
日本の文化の中でも伝統的であるランドセルの中でも、「誉れ」となる商品に育てたい、というセイバンの願いがテーマとなって「HOMARE」は、セイバンの中でも本格的な本革を用いた、フラッグシップともいえる製品です。
本革ゆえの、革の素材そのものが持つ魅力を存分に引き出すようなシンプルなデザイン、そしてセイバンが誇る独自の「天使のはね」「3D肩ベルト」などの自社オリジナル機能をふんだんに盛り込んだ製品で、「本革=重い」という常識をくつがえす、セイバンの自信作。
その驚くほどの軽さの秘密は、肩ベルトの付け根にある「天使のはね」によるもの。
テレビのCMなどの宣伝で一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
セイバンのランドセル【HOMARE】