読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淳之介のしゃべくりブログ

このブログでしゃべくりまくります

君島十和子化粧品のクレンジングに秘密があったのです。

対話アプリでは米フェイスブックなどが先行し、全世界で 規模を追っても消耗戦が待っているだけ。
LINEはシェアの高い市場に経営資源を集中投下し収益力の強化を進める戦略を強調する。
重点市場と位置づけるのは日本と台湾、タイ、インドネシアだ。
LINEの実質的なサービス利用者数は全世界で2億1800万人。
このうち70%を4カ国・地域が占める。
四半期ごとのMAUの伸び率は全世界が1%に対し、4カ国・地域は5%と高い。
成長の柱は1ゲームの課金アイテムで稼ぐコンテンツ2対話アプリを通じて企業の販促を支援する広告3スタンプ販売のコミュニケーション――だ。
中でも広告事業の伸びしろが大きい。
売上収益に占める部門の比率は2014年12月期通期の27%から直近の16年1~3月期は35%に上がった。
ネット関連の広告単価は 総じて下落傾向にあるが、LINEは公式アカウントという販促ツールで高い単価を維持している。
利用者が登録すると無料スタンプなどがもらえる代わりに、企業の広告やキャンペーンが対話アプリ上に配信される。
登録者数が増えるとLINEの収入も上積みされる仕組みだ。
6月からは時系列で投稿が並ぶタイムライン上などにも広告配信を始めた。
いちよし経済研究所の納博司首席研究員は毎日アクセスする利用者が多いため収益の潜在力は大きいという。
会社側は16年12月期の連結業績見通しを開示していないが、最終損益は40億円程度の黒字に転換する公算が大きい。
前期に118億円の営業赤字だったラジオ型音楽配信事業から3月で撤退。
不採算事業の整理にもめどを付けた。
売上 収益は2割程度増えそうだ。
上場で調達した資金は設備投資や借り入れ返済に充てる見通し。
最後にこんな情報をお伝えします。
40代の君島十和子さんの肌は20代そのもの。
こんな驚くべき若々しい肌を維持できているのは、君島十和子化粧品のクレンジングに秘密があったのです。
実際に十和子さん自身も使用している君島十和子化粧品のクレンジングは、十和子コスメの中でもナンバーワンの人気を集めており、短期間で若々しい肌を取り戻せるのも魅力です。
君島十和子化粧品